片方の耳が聞こえにくい|足にコブができる下肢静脈瘤|早期発見が素早い治療の鍵となる

足にコブができる下肢静脈瘤|早期発見が素早い治療の鍵となる

看護師

片方の耳が聞こえにくい

病院

良性の脳腫瘍

片方の耳が聞こえにくい、何かが詰まった感じがするといった症状があれば、聴神経腫瘍の可能性があります。聴神経腫瘍は耳の奥に発生し、ゆっくりと大きくなっていく脳腫瘍の一種です。普通は片耳だけに発生するのが特徴です。悪性腫瘍ではないので急激に大きくなったり、転移したりする心配はありません。聴神経腫瘍は耳鼻科では聴力はもちろん、平衡感覚などの検査で発見します。しかし聴力が低下する原因はさまざまで、必ずしも聴神経腫瘍と断定できるわけではありません。特に数ミリ以下の小さな聴神経腫瘍は、MRIによる画像診断を行なうことで初めて発見できると言われています。聴神経腫瘍の疑いがあるときは、設備の整った病院を受診することが大切です。

手術で摘出する

良性の腫瘍といっても、放置しておくと聴神経腫瘍は徐々に大きくなり、周囲の神経や脳の組織を圧迫します。やがて顔面の痛みや痺れを感じるようになり、歩行困難になったり意識障害を起こしたりして、最後には命に関わることもあります。たかが聴力の低下と軽く考えず、早めに診断と治療を受けることをお勧めします。聴神経腫瘍の治療は摘出手術が主な方法になります。早期治療ができれば、聴力をほとんど失わずに摘出することができます。ただし細かい部分の複雑な手術になり、症状が進んでいると聴力の低下や顔面麻痺が残る場合もあります。腫瘍が小さければ放射線治療という方法もありますが、完治させるには摘出手術のほうが確実とされています。