原因不明の疾患|足にコブができる下肢静脈瘤|早期発見が素早い治療の鍵となる

足にコブができる下肢静脈瘤|早期発見が素早い治療の鍵となる

看護師

原因不明の疾患

医者

症状は多彩

潰瘍性大腸炎とは炎症性の腸疾患で、びらん(ただれ)や潰瘍をつくりながら、大腸の粘膜を広く侵し(びまん性)、再燃、再発を繰り返す慢性の病気です。原因は不明で、厚生省特定疾患の一つとなっています。炎症は多くは直腸に始まり、大腸をさかのぼって連続的に広がっていきます。時には全大腸にまで及ぶことがあります。潰瘍性大腸炎の症状は多彩で、診断の決め手となるような特徴的な症状には乏しいのですが、多くの例で、粘血便や血性下痢が反復または持続します。そのほか出血による貧血、低栄養による食欲不振、腹痛、発熱、体重減少などがみられます。再燃と寛解を繰り返す長い経過の間に、腸管では大出血、中毒性巨大結腸、穿孔、がん性変化、肛門の病気など、また全身的にも、貧血や肝臓、腎臓、皮膚、関節、目、血管などに合併症を起こします。

治療

潰瘍性大腸炎は注腸X線検査、内視鏡検査、生検などから診断されます。発症は10〜30歳代に多く、以前はまれな病気でしたが、最近では年々発症が増加してきています。病態が多彩なので、他の病気との鑑別が重要になります。X線では、不規則な陰影欠損や、結腸特有のふくらみがなくなった鉛管のような像、のこぎりの歯のようなギザギザの陰影、不整なひも状の粘膜ひだ像など、病気やタイプによって特徴的な像がみられます。潰瘍性大腸炎は原因不明のため、根治療法はなく、対症療法で病気の活動を抑えます。心身の安静につとめ、食事療法と薬物療法で治療します。食事は高タンパク、高カロリー、ビタミンが豊富で、残渣が少ない消化の良いものをとります。薬物療法では、抗炎症剤と副腎皮質ホルモンを中心に治療します。大量出血や穿孔、がんなど重大な合併症では手術を行います。